可動棚と室内ドアほか造作工事【1LDK中古マンションリフォーム実例】

マンションリノベ

こんにちは、suzuです。

床工事が終わり、造作工事が始まりました!

可動棚工事

玄関とWICの収納内に可動棚を取り付けてもらいました。

before

before
after①
after②
after③
after④(完成)

レールも白にすれば良かったかな〜とプチ後悔 笑

玄関の棚は「幅910mm×奥行450mm」、WICの棚は「幅350mm×奥行300mm」です。

塗装工事

ドアや窓の枠を白く塗装してもらいました。

before
after
before


内装に関しては壁床に目が行きがちですが、枠や幅木などの「縁取り」を変えるだけでイメージがだいぶ異なりますね。

部屋を広くみせる=壁を広くすると思ったので、我が家はドア枠も幅木もクロス色(=白色)に合わせました。

室内ドア工事

室内ドア

室内ドア5枚(玄関内側、トイレ、洗面所、リビング、寝室)は、ドアごと取り替えるのではなく「サンゲツ リアテック」というカッティングシートを貼ってもらいました。

before
after

最初は室内ドアのリフォームは交換以外の方法がないと思ってましたが、デザイン変更さえなければ、カッティングシートで安く済ませるのがオススメですね。

カッティングシートはDIYでよく使われる素材で、サンゲツのリアテックや3Mのダイノックフィルムなどが有名です。

今回選んだ品番はサンゲツのリアテック「TX5198」で、錆(ラスティック)なブラックに一目惚れしました!

さいごに

次回は、水回りの工事が始まります!

追記:2021年6月 完成しました!

1LDK中古タワマンリフォーム実例
  1. before
  2. 解体工事
  3. 床工事
  4. 造作工事(現在の記事)
  5. 水回り工事
  6. 壁紙工事
  7. after

リフォームに使った商品の仕様や型番はこちらにまとめてあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました