米とぎにも大活躍。藤井器物製作所3way水切りボウルが推せる!【口コミレビュー】

雑貨・日用品

はじめに

こんにちは、suzuです。

ザル(水切りボウル)は、米とぎ、麺類の水切り、野菜洗いなど…、色々な用途があり料理に必要不可欠ですよね。

しかし、ザルは結局ボウルとの合わせ使いが多いため、洗い物が2倍に増えてしまうんです。

そこでザルとボウルの機能がドッキングした藤井器物製作所の3way水切りボウルを購入してみました!

この記事では、購入までに迷ったことや購入品のクチコミレビューをまとめておきます。

ザル(水切りボウル)について

ザル(水切りボウル)のおすすめ素材は?

ザルの素材には

  • ポリプロピレン
  • ステンレス(パンチ穴)
  • ステンレス(網)

などがあります。

素材の特性上、ポリプロピロンは軽いですが、表面が傷つきやすく匂いや油のベタつきが残りやすいです。

またステンレスにおいては、網タイプは安価ですが耐久性も弱目です。

以上より、ル(水切りボウル)はステンレスのパンチ穴タイプがオススメです!

3wayザル(水切りボウル)の使い方は?

3way=洗う、漬ける、水を切る

具体的には、

  • 米とぎ
  • 野菜を洗う
  • 冷凍食品の流水解凍
  • 野菜を水にさらす
  • 乾物を水で戻す

などですね。

ボウルにはない「水を切る」がついているのが便利ですね!

3wayザル(水切りボウル)の種類は?

3wayザル(水切りボウル)には、完全にザルとボウルとして切り離せるタイプと、ボウルにザルが固定されている一体化タイプがあります。

藤井器物製作所の3way水切りボウルの口コミレビュー

Instagramで見かけて革新的なデザインだったので、こちらを選びました。

かなり人気商品のようで3ヶ月弱待ちました…。

以下、商品の口コミ・レビューです。

スペック

横から

サイズは直径23.5×高さ12.5(cm)です。

2.5Lのガラスボウルと同じくらいで、米とぎなら5合はいけそうなほどです。結構大きめです。

重量は約330gで、とても軽いです。

水切り穴

素材は見た通りステンレスで、日本製の18-8ステンレスです。

拡大

水切り穴は詰まりにくいパンチ穴です。

1mmほどの穴なので、米とぎでお米が流れていくこともありません。

底の秘密

上から

3パターンの置き方ができるのは、この底に秘密があります。

  • 穴側に倒す:水が切れる
  • 水平状態:容量0.5Lの水に浸かる
  • 穴のない側に倒す:容量1.5Lの水に浸かる

どのパターンでもひっくり返ることはなく安定して置くことができます。

類似品に注意!

amazonに安くてソックリな商品が出回っていますが、底の形状が異なりました(下記商品)。

間違いのないように正規品をお買い求めください!

さいごに

今回購入した正規品はこちらです。

一家に一台、あると便利ですよ♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました