【確定申告】非接触型ICカードリーダライター「ぴタッチ」でマイナンバーカードを読み込む【口コミレビュー】

ガジェット

はじめに

こんにちは、suzuです。

今年も2月になり、確定申告の季節が近くなってきました。

近年、確定申告はマイナポータルサイトを利用することで非常に簡単になりましたよね。

しかしマイナポータルサイトの利用には、マイナンバーカードを読み取る「ICカードリーダライター」の存在が必須です。

今回は、初めて確定申告をする人でも簡単に使えるICカードリーダライター「ぴタッチ」を紹介します!

ICカードリーダライターの種類

ICカードリードライターの種類には「接触型=カードを機械に入れる」と「非接触型=カードを機械の上に乗せるだけ」があります。

非接触型の方が手軽ですが値段が高い傾向にあります。

ICカードリードライター「ぴタッチ USB-NFC3」の紹介

こちらが私が使っているICカードリーダライター「ぴタッチ USB-NFC3」です。

USB-NFC3は、USB-Aでパソコンに接続することでマイナンバーカードの読み取りができる、非接触型のICカードリーダライターです。

対応OSは、Windows 11、10、8.1、7と、mac 12、11、10.13 ~ 10.15で、最新のM1チップ搭載Macにも対応と幅広いのでありがたいです。

大きさは掌サイズで、重さは75gと超軽量、厚みは10mmほどです。

小型なので、確定申告時期以外で仕舞っておくのに場所を取ることもなさそうです。

非接触型なので、上記のように機械の上に乗せるだけでマイナンバーカードをすぐに読み取ってくれます。

マイナンバーカードを情報保護用のフィルムケースからいちいち出さなくても読み取れます。

USB-Aで接続するので、macの場合はUSB-A→Type-Cの変換アダプタが追加で必要になりますね。

macユーザーは変換アダプタがないと何かと困るので、持ってない人はまとめて買っておくとよいでしょう。

ICカードリードライター「ぴタッチ USB-NFC3」の使い方

使い方は2STEPで簡単です!

まず、こちらのサポートサイトから使用中のOSを選択してドライバをインストールします。

そして「ぴタッチ」のUSBーAをパソコンに接続し、緑色のランプが光ったことを確認します。

あとは必要時に機械にマイナンバーカードをかざすだけです。

例えばマイナポータルサイトのログイン時に使いたい時は、「ICカードリーダライタでログイン」を選択して、マイナンバーカードをぴタッチにセットし、「OK」を押すだけです。

さいごに

今回紹介したICカードリーダライターはこちらの商品です。

非接触型にしては値段も安く、何より最新M1チップに対応しているので最近MacBookを買い替えた人でも安心して使えます。

確定申告は面倒ですが税金対策には必須ですので、一緒に頑張りましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました