【医師夫婦が買わない】使い方を間違えると危険な育児グッズ

女医ママ育児

育児グッズ、何を揃えたらいいんだろう?

これから出産予定のママさんは、必要な育児グッズの情報収集に一生懸命だと思います。

しかし一見かわいかったり便利そうでも、医師目線で見ると「事故が多い」「成長発達を妨げる」ようなグッズも存在します。

今回は医師夫婦が「これはやめたほうがいい」と感じて買わなかった育児グッズを紹介します。

※もちろん使用方法を守ればよいものもありますので、ご参考までに。

昔から使われている危険な育児グッズ

おくるみ

おくるみで「お雛まき」されることで、

  • SIDSリスク上昇(布による窒息や体温の過剰上昇)
  • 寝返りを妨げる
  • 股関節の成長が妨げられる

ことが知られています。

最近おくるみも進化しており、股関節を締め付けない「整型おくるみ(スワドルアップなど)」もあります。

おしゃぶり

おしゃぶりを長期間咥えさせることで

  • 噛み合わせが悪くなる
  • 発語の機会が減る
  • 目と手の協調運動発達が妨げられる

ことが知られています。

冷えピタ(熱冷まシート)

おでこに貼っていたがはずが貼付位置がずれて窒息死する事故が多発。

冷やすならアイスノンなどの氷嚢を。

流行の育児グッズ

スイマーバ 首浮輪

目を離した隙に浮輪から首が外れ、お風呂での溺水事故が多発。

インスタ映えする見た目とは裏腹に、近年事故が非常に増えているそう。

歯固めジュエリー(おしゃぶりホルダー)

紐から外れたジュエリーで窒息する事故が多発。

間違っても耐久性の低い「ママの手作り」なんてしてはいけない。

スリング(子守帯)

まるまった姿勢で赤ちゃんは安心かもしれないが、転落や窒息事故が多い。

ヒップシート、ラップ型抱っこ紐も、同様の理由でいささか心配。

一般的な抱っこ紐じゃダメなのだろうか?

バンボ

座位の取れない子供を無理やり座らせるための椅子。

発育にあってないものを使うのはいかがなものかと。

ベビー用枕

赤ちゃんの「絶壁頭」を防ぐための枕だが、もちろん窒息死リスクは上昇する。

ただ頭の形は大事なので悩みどころではある。

ストライダー(キックバイク)

ブレーキのない三輪車のようなもの。

坂道(本来使用してはいけない場所だが)での派手な事故を見たことがあり、自分の子供には買い与えないと誓った。

さいごに

育児グッズではないですが、

  • 電気ケトル
  • 電気ポット
  • 炊飯器

など、水蒸気による熱傷事故の多い家電も注意したいですね。

他にもあれば随時追加します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました