リフォームで部屋床全面をフロアタイル(塩ビタイル)にして後悔?メリットデメリットまとめ

マンションリノベ

はじめに

こんにちは、suzuです。

我が家はキッチンやトイレなどの水回りだけでなくリビングダイニングまで、全面フロアタイル(塩化ビニルタイル)です。

リノベ前は「フロアタイルって石で出来てるの?」というレベルだった私ですが、床材について熱心に調べた結果、新居は全面フロアタイルにするという結論に至りました。

そもそもフロアタイルとは

「フロアタイル」とは、ポリ塩化ビニルで出来た床パネルのことです。塩ビタイルとも呼ばれます。

塩化ビニル素材の仲間には、水回りのふかふか床でおなじみ「クッションフロア(CF)」や、ベランダや店舗の床に使われている「長尺シート」があります。これらは塩ビシートと呼ばれます。

フロアタイルを他の床材と比較

単層(無垢)複合(合板)フロアタイル クッションフロア長尺シートカーペット
水や汚れに強いか×△(基準)×
傷や凹みに強いか×
価格
硬さ普通普通とても硬い柔らかい硬い柔らかい

フロアタイル含む塩化ビニル系床材は水や汚れに強く、原価や施工費が安いという特徴を持っています。

塩化ビニル系の中で比較すると、クッションフロアは柔らかく歩きやすい反面衝撃に弱く跡がつきやすいですが、フロアタイルは硬いので傷や凹みに強いです。

また超尺シートはタイル目地がないのでフロアタイルよりも水や汚れに強いですが、ビニールシート感が強く安っぽいイメージがあります。

実際に住んで分かったフロアタイルのメリット

水や汚れにとても強い

実際にフロアタイルの家に住んで分かったことは、フロアタイルは想像以上に水や汚れに強いということです。

何かをこぼしても床材に染み込むことがないので、知らぬ間に汚れがついていた!なんて場合も水拭きで簡単に落とせます。

また硬いので気兼ねなくゴシゴシ擦ったりできますし、だいたいの洗剤が使えるので掃除面でストレスフリーです。

実際に住んで分かったフロアタイルのデメリット

非常に硬い

クッション性が全くないので足裏が全く沈み込まず、ゴツゴツ硬いです。裸足で歩き回ったり床でゴロゴロしたい場所にはフロアタイルの採用を控えた方がいいと思います。

また硬いので、裸足で歩くと足音がしっかり響くのもデメリットです。マンションのリフォーム規約が厳しいと、防音面でNGが出るかもしれません。

全面フロアタイルにして後悔しているか?

そして、全面フロアタイルにして後悔しているか?ということですが…。

全面フロアタイルのデメリットである「硬さ」は室内スリッパを履いてベッドで寝る床から離れた洋風生活であれば全く気になりません。

したがって、全面フロアタイルの後悔は全くありません!

水回りだけでなく寝室やリビングダイニングも同じデザインの床に出来たので、家全体に統一感があって気に入っています♪

さいごに

我が家が採用したフロアタイルは、サンゲツの「レゴリス(IS-886)」という、コンクリート風の表面にザラザラがあるデザインです。

私がリフォームしたときにはフロアタイルの情報があまり無かったので、どなたかの参考になれば嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました